観武市内の公共交通の沿革【架空】


観武急行株式会社は、国テツの観武口(みたけぐち)駅に隣接する観武町を起点に、市内西側の丘陵地帯北部の観武温泉駅に至る本線と、本線の観武本町駅から南西方向に進み、観武ヶ原駅に至る観武西線、観武町の次の二ッ沢(ふたつざわ)駅から東にわずか数キロほど進んだ七橋(ななはし)駅に至る観武東線の3路線を擁する地方私鉄である。

共に1067mm軌間で、直流600V電化である。

本線はもともと観武軽便鉄道として開業し、また観武東線は旧観武電気軌道として建設された路線が戦時統合と終戦を経て、改軌および電化(旧観武軽便)、併用軌道から専用軌道への移設(旧観武電軌)を断行し、さらに観武ヶ原の大規模な宅地開発に連動して観武西線を開業し、社名も1973年に観武交通から改称し、現在に至る。

また、戦前から市内に乱立していたバス事業者を統合したため、同社鉄道線のエリアのうち、国テツ線東側を除く市内の半分以上を網羅する自動車部があり、1営業所(本社に隣接する中央営業所)・3車庫(湯元・本町・西部)を拠点に運行しているが、経営環境が厳しさを増すなか、平成に入って観武交通自動車株式会社として分社して現在に至る。観武本町駅のバスセンターを中心に路線網を展開する。

 

・本線は旅客列車のみの営業。葉の木沢にある電車区(工場と車庫を兼ねる)への回送のみだが、後述する東線の電機が走ることもある。規格の低い急曲線をそのまま改軌・電化したため、駅は16m級電車2両分の有効長しかない。後述する西線の大型車を直通させるため、観武町-観武本町間は線形を改良した。

・西線は旅客列車中心。大手私鉄から譲受した18-20m級電車が使用される。観武本町でスイッチバックして、観武町まで直通する。

・東線は、七橋から伸びる観武パルプ工業専用線に直通する貨物が現在も主力で、もとはと言えば同専用線の建設にあたって軌道から鉄道へ発展した路線であるが、やはり低規格の旧線に沿って専用軌道を敷いた(資金難と資材不足が原因とされる)ため、旅客電車は小型車の単行しか走れず、車輛更新がままならないまま平成の世を迎えることになった。当然貨物も、観武口駅構内から観武町駅にかけてのヤードで短編成に分割しなければならず、また近年の車扱貨物の全廃にあたって、コキが入線不可能なために、製品輸送はコンテナを観武口駅までのトラック輸送に切り替え、原料輸送のみが当線全区間を走るのみの態勢に縮小されたが、この線内貨物はなくす予定はないという。

長い貨物列車を小分けにして次々に運行していたため、現在も小型の凸型電機を多く保有し、また木造の電動貨車まで現役で活躍するため、旧型の旅客電車ともども、ファンの注目を集めている。

(画像は準備中)


観武バス株式会社は、観武市に本社を置く乗合バス専業の事業者である。

前身は、市内東部の山間に路線を伸ばしていた八沢川鉄道(1974年廃止)で、762mm軌間の東北では最後の非電化軽便鉄道であった。

保有車輛数は15台程度といわれる。もと鉄道沿線を中心とした限定的なエリア(市内を南北に縦断する国テツ線の東側)で営業を続けている。

写真の日産ディーゼルP-U32Lをはじめ、譲受車が主体である。

なお、終点だった旧八沢川駅と一部の車輛は近年再整備され、八沢川森林公園内の交通機関として短距離ながら動態で保存されている。古い軽便蒸機も煙を上げているため、こちらも注目を浴びる存在となっている。

 

【模型について】

この観武バスの模型は、トミーテックのバスコレクション80西武バスの改造です。

運転席上ベンチレーターキセと後部方向幕を撤去して、塗色を変更したほかは、ほぼそのままです。

ディカールは、エーワン製にインクジェットプリンタで印刷してつくりました。社番を作り忘れたのが心残り。

ほかにも製作中(で止まっている)バスが数台あります。いずれもバスコレ80、京商R/Cバス改造です。